スポンサーリンク

30時間勤務終了

スポンサーリンク

資金がないので、FxやCFDなどの信用取引してないので、投資に関することは書くことがありません!!

なのでただの日記です。
趣味です!

お時間がありましたらぜひお付き合いください。

先ほど30時間勤務が終了しました。
それにしても長い。
これでも予定では36時間勤務だったので早めに解放されました。

今回の手当ては3万円になります。
これだからがんばれる。

人がいないおおかげで収入が多くなってます。

いいのか悪いのか、、、

さて、Twitterで気になる投稿があったので今回はその話。




別に盛り上がったネタでもないけど勝手に書きます。

これはあくまでも、本業を持ってる人が空き時間で副業をしていかに稼ぐかって話です。

スポンサーリンク

本業収入を下げフリーな時間を作って副業時間にあてるか、本業収入をあげるか

私は本業収入を可能な限り上げて副業するってのを目指してます。

その理由としては、私の第一目標年収が1000万円なので、本業収入次第で副業の量が軽減できるからです。

会社員は手厚いと思う

私は会社員で、極端なブラック企業でもないので、年間休日は約120日と有給休暇は全て消化できます。

在籍歴もそこそこ長いので有給休暇は年間20日つきます。

なので年間140日が休日です。
つまり年間4ヶ月は休めますし逆にいうと年間225日の勤務日数です。

さらに社会保険などは会社が半分払っていたり厚生年金だったり。

年金についてはあまり期待はできないですけどね。

退職金も民間企業なのでかなり少ないけどゼロではありません。

個人で年間240日で年収500万円稼ぐには

500万円÷225日=2.2

日給22000円の仕事を225日やって年収500万円になります。

日給22000円の仕事がコンスタントに貰えるならいいけど、
日給10000円だとその半分の250万円です。

一般的には日給1万円程度が良くあるアルバイトなのかなと思います。

会社員と同じ勤務日数アルバイトしても、特別なスキルや長時間労働、夜勤などをしない限り一般的には難しいということ。

これが正社員と契約社員などとの所謂格差っていわれるやつなんですかね。


稼ぎたい収入から逆算する

私は最低でも年収800万円を目標で設定してます。
なので、本業収入が少ないと副業を増やす必要があるし、休める日数には限りがあるから日の単価をあげなければ達成できなくなります。

今の私の本業年収はここ数年600万円。
目標の800万円に到達するには、
休日140日で200万円稼げば達成できます。

200日÷140日で日給14000円の仕事を休まずにやれば達成。

そんなん嫌なんで、一日の単価を上げれば休みが増えます。

で、本業収入が低いと目標達成するには寝ないで働くか日の単価を上げるしかありません。

完全なる持論

保険や税金を払っても還元率が低くてお得じゃないから生活保護のほうがお得って議論。

生活保護に頼ると確かにお得だと思います。
けど、またそれを支える為の若い納税者が必要です。
それも納税者と納税額が少ないと税金をあげるしかなくなる。

生活保護の損得を考えるより、納税者と納税額を増やすって考えがないと尻すぼみします。

国のせいにしたいし、税金高くて四苦八苦してるけど、生活保護がお得だからそれのほうがいいなんて私は1ミリも思いません。

だって誰かに負い目を感じたくないし、可能な限り自立した生活を送りたいから。

結果

本業収入を上げれば、アルバイトで拘束される時間を減らせるし、もしくはさらに稼ぐ事ができるって事になります。

もし体を壊して本業収入だけになった時に生活が出来ないのでは本末転倒です。

兼業なら、本業収入が低いと永遠に休まず働き続ける事になるし、
自分の時間を売り続けるだけの生活になってしまいます。

私の職場でいうと、歳とって役職がMAXまでいったとしても、年収は55歳で700万円程。
まあ決して少なくはないけど。


仮に本業がいい歳で400万円程だと差はデカイです。

年収700万円で年間140日休み

年収400万円で休日はアルバイトで稼いで年収700万円だけど休みがない

こんな差がでてきてしまうと思います。

先の年収700万円の方は、年間140日フリーな時間があるので、そこからアルバイトしちゃえば1000万円がみえてきます。

会社員て規定ってのがあるし、限界があるので、自分で何かやらないといけないって思います。

副業にもいろいろあるから、ネットビジネスで隙間時間に稼げるならそれに越したことはないし、
それを誰でも簡単に実現できる可能性があるのが投資なんですよね。

投資信託や株の配当金は運用資産の額次第ではアルバイトする必要がなくなります。
だからギャンブルなんてやめて、投資にまわす必要があるんです。

それに気がついたのが最近なので後悔しかありません。

ギャンブルで使って期待お金を全て投資にまわせてたら、今ごろは数十万の配当金はあったはずです。

日雇いバイトの数十日分を何もしないで稼げたはず。

そう考えるとパチンコや公営ギャンブルやれないし、借金できなくなりました。

私の辞めるスイッチはここにあります。
一生肉体労働の貧困だけは嫌です。

パチンコは今となっては行きたいとは思いません。
公営ギャンブルも急激な欲求が来ることはありません。

それよりも物欲の方が強いです。
マンション買いたいとか車買いたいとか

ブログは今となっては趣味みたくなってるんで、何しようかなって思ったらパソコン開くか~ってなります。

ギャンブル辞めれない人はブログも始めるっていいと思います。


30時間勤務後の🍺のみながら日記を書くのが贅沢な時間になってるので、乱文になってるのでかも知れませんが、見直しはしません!!


こんなブログサイトに来てくださってありがとうございます!



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました